大人ニキビ治療専門室

にきび治療・大人にきび・にきび予防対策・にきびケア・黒にきび・赤にきび・白にきび・アダルトにきび・プロアクティブ・脂性肌、乾燥肌、敏感肌、混成肌に適したスキンケア商品の紹介
トップ > ● 肌質とニキビ > 肌質とニキビ−肌のバリア機能−
肌質とニキビ−肌のバリア機能−
肌の角質層は角質細胞と細胞間脂質(セラミド)によって構成されバリア機能は外からの異物の侵入を防ぐ機能と体内から水分や、生体成分が失われることを防ぐ機能を持っています。
この2つの働きがバリア機能です。バリア機能が低下するとお肌の水分が蒸散してしまうため、肌荒れを起こしてしまいます。乾燥すると角質は厚くなり毛穴が詰まりやすくなります。
結果、毛穴黒ずみや毛穴の開きにつながります。バリア機能を担っているのが角質のセラミドです。

同じ脂性肌でもニキビができる方とできない方との違いはこのバリア機能が関係している場合があります。
| ● 肌質とニキビ | pookmark |
トップ > ● 肌質とニキビ > 肌質とニキビ−混合肌−
肌質とニキビ−混合肌−
混合肌は、脂っぽい部分と乾燥している部分が混合している肌のタイプです。このタイプの肌は、鼻の付近やおでこの付近(Tゾーン)が脂っぽく、他の部分が乾燥している場合が多くあるあります。

この肌は、乾燥している部分には保湿、脂がういている部分には、それを脂取り紙等で拭き取る等の、その部分にあったスキンケアが必要になります。
| ● 肌質とニキビ | pookmark |
目次
新着記事
スポンサーリンク
治療 手順
洗顔⇒化粧水⇒美容液 ⇒ 乳液 ⇒ 薬・軟膏 の順でケア
Care Aid Goods
モバイル
qrcode
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS

JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ